プロ野球のトレードにおけるお金の動き

トレード成立

プロ野球のトレードは、球団同士における条件のもと選手の移籍を果たす仕組みである。 一番多いトレードがセ・リーグとパ・リーグ間で果たされる選手の交換によって移籍をする形で、選手の能力やランクが同程度の選手で行われます。 基本的には1:1の交換になりますが、選手の力量によっては1:2の場合もあります。

しかしながら同程度の選手がいないことや補強ポイントの選手がいない場合、お金によって移籍が果たされることがあります。 具体的な金額は移籍時に開示されることはありませんが、相場は取得選手の年俸分のお金を支払い譲渡してもらう形が主流です。稀にプロ野球界で大型補強などと騒がれる場合にはそれより多く支払っていることもあります。

また、選手交換において1:2の場合のように力量レベルが見合わない場合において、1:1+お金のような形で取引されることもあります。 プロ野球においてノートレード条項というものが存在しており「所属する球団がいずれかへの球団に契約の譲渡できること」と定められている為、選手は契約の際に了承しているものと見なされます。 基本的には球団の意向による場合が多いですが、稀に選手の希望の場合もあります。