外野席でジャンプして選手を応援しよう

球場

プロ野球の応援も様々ですが、かなりユニークな応援方法として「ファンが足並みをそろえてジャンプする」というものがあります。様々な選手の応援に使われてきた応援方法ですが、球場でファン同士が一体になる快感は、テレビの向こう側で観戦するのみでは味わうことのできない感覚です。

元北海道日本ハムファイターズ時代の稲葉篤紀選手を応援する際、北海道の寒空の下で観戦しながら動いて体を温めるために飛んだり跳ねたりしたのがその発祥と言われています。稲葉篤紀選手はファイターズの中軸を任されるような選手でしたが、彼にチャンスが回ってくるたびに地響きのようなファンの跳躍する音が聞こえてきます。通称「稲葉ジャンプ」と言われたこの応援は2012年日本シリーズ、巨人との熱い戦いの中でチャンスが回ってくるたびにカメラを上下に揺さぶるような振動を起こしていたこともあり、全国に広く知れ渡るようになりました。

応援

2017年現在、稲葉篤紀選手は引退していますが別の選手の応援のためにファンが跳躍することがあります。それが横浜DeNAベイスターズのクローザー、山崎康晃投手の登板時です。「ヤスアキジャンプ」と呼ばれるこの応援スタイルは勝負所で彼がマウンドに上がると起こります。野球場全体に響く地響きのような興奮を、きっと一度感じたら忘れないでしょう。

ブックメーカーに賭けていると、さらに熱のこもった応援になっていくでしょう。

内野席で観戦するのもいいですが、プロ野球は外野で応援するのも一体感がありいいですね。

応援